トップページ > 株式会社西岡鉄工所

株式会社西岡鉄工所のタイトル

株式会社西岡鉄工所のメイン画像

株式会社西岡鉄工所のキャッチ

レーザー加工<br>大型板金溶接で<br>新展開の写真

レーザー加工
大型板金溶接で
新展開

一般的には精密板金分野に導入実績が多いファイバーレーザー溶接技術を、大型板金加工を中心とした一般製缶品の溶接分野に適用。4mの走行台車を併設したロボット搭載システムにより、小物から大物まで、また多品種少量品から量産品まで幅広い溶接ニーズに対応していく。3次元CADシステム、溶接CAMシステムと連動した一連のシステムで、複雑な形状であっても、シミュレーションの前段取り化を行うことができる。

薄型素材も<br>自在な高速加工で<br>仕上げ不要の写真

薄型素材も
自在な高速加工で
仕上げ不要

このファイバーレーザー溶接システムは、フィラー供給装置やビームウィービング等の機能を搭載。レーザー溶接の弱点であるギャップのある形状でも高品質な仕上がりを実現する。また、ロボットシステムで、高品位な溶接を高い再現性で安定的に供給することができる。アルミ、チタン、銅などの難溶接材の溶接加工も高品位で可能なため、後工程の仕上げ作業の大幅な低減を実現する。

提案する設計開発<br>新分野との<br>技術提携の写真

提案する設計開発
新分野との
技術提携

同社はこのファイバーレーザー溶接システムについて、従来の薄板加工の意識変革を図ることを目指している。低歪溶接が可能なため、板厚の低減による軽量化やコストダウンの提案、曲げ工程を溶接に変更することにより、複雑な形状の低コストでの製作などを試作開発段階から積極的に提案。食品機械や医療機器などを中心に新たな分野への事業拡大を目指していく。

企業情報

株式会社西岡鉄工所


〒792-0893
愛媛県新居浜市多喜浜6-6-35(地図
TEL 0897-46-0303 FAX 0897-45-3534
http://www.g-nishioka.co.jp/nishioka.html

設 立
昭和8年4月
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 西岡 圭
従業員数
28名
事業内容
産業用機械のカバー、制御盤筺体などの薄型製缶
品製造、YAGレーザー溶接・ファイバーレーザー
溶接を用いた薄板の低歪溶接
売上高
3億4,900万円(平成28年8月期)
ホームページへ
トップページへ戻る