トップページ > 有限会社シグマ企画

有限会社シグマ企画のタイトル

有限会社シグマ企画のメイン画像

樹脂や金属の<br>切断設計技術を<br>応用した新展開の写真

樹脂や金属の
切断設計技術を
応用した新展開

昭和60年に機械設計会社として西条市に誕生した同社。樹脂や金属の切断機械を設計・製作するなかで、店頭で実演販売するチーズスライサーの開発に取り組む。これまでのノウハウを食材に生かした商品が生まれた。

販促効果の高い<br>「見せる・魅せる」<br>フードスライサーの写真

販促効果の高い
「見せる・魅せる」
フードスライサー

フードスライサーMISERUKIは、チーズ類、畜産・海産加工品、練り製品などを0.1〜数mmの厚さにスライスすることができる。透明な受け箱に食材が落下する様を買い物客が見ることでプロモーション効果を促すものだ。

店舗に合わせた<br>設計も自由自在<br>新分野にも挑戦の写真

店舗に合わせた
設計も自由自在
新分野にも挑戦

同商品は、卓上型と自立型があり、サイズや形状については店舗に合わせた設計が可能だ。目の前の実演販売は、客の五感に訴え、大きな販促効果を生み出した。今後の展開として、介護や健康食の分野への応用を模索中だ。

企業情報

有限会社シグマ企画


〒793-0030
愛媛県西条市大町841-6(地図
TEL 0897-47-1008 FAX 0897-56-7474
http://www.sigmakikaku.co.jp

設 立
昭和61年5月
資本金
600万円
代表者
代表取締役 明比紳一郎
従業員数
7名
事業内容
機械器具設計、製作
売上高
非公開

LOOK!

なるほど納得!

愛媛県中小企業団体中央会 ものづくり支援本部 副本部長

藤川祐司さん

推薦人からのコメント

シグマ企画は、地元化学プラント工場で使われる各種機械の設計製作およびメンテナンスが業務の中心ですが、最近は、地元食品メーカーや建築業界からも機械の設計・製作の依頼を受けています。これに対応していく中、様々な機械を生み出しています。今回の店舗用食品スライサーもその一つで、様々な機械に対応していくシグマ企画の設計能力の高さがベースになっています。

藤川祐司さんの写真

ホームページへ
トップページへ戻る