トップページ > 泉製紙株式会社

泉製紙株式会社のメイン画像

泉製紙株式会社のタイトル

「美しい川を取りもどしたい」が開発の原点の写真

開発風景

「美しい川を取りもどしたい」が開発の原点

宇高氏が泉製紙に就職した頃、河川の汚れがひどかった故郷。就職とともに水処理設備の開発に取り組み、地元企業の協力も得て化学薬品を使わず物理的作用による古紙再生システムを考案。その他、エネルギー効率のよい、高速抄紙機、自動加工ラインなども考案してきた。「安心」「安全」「希望」の経営を目指す。

小さなエネルギーで印刷インクを除去するニーダーの写真

ニーダーとフローテーター

小さなエネルギーで印刷インクを除去するニーダー

繊維同士の摩擦力を利用して高濃度で古紙を均一に離解し、インクを細かな粒子に分解する処理装置。フローテーター(浮選器)で、微細化したインクを気泡に吸着させ、泡とともに除去する。浮選したインクの再付着を防ぐよう改良した。この脱インク法により、使用する水が大幅に軽減。漂白工程不要、低エネルギーの世界最先端古紙再生システムだ。

均一なクレーピングで肌触りの良い再生紙の写真

高速抄紙機

均一なクレーピングで肌触りの良い再生紙

再生パルプの抄造に最適で、簡便な高速抄紙機。均一で緻密なクレーピング(縮緬仕上)を安定的に施し、再生紙を一層やわらかく肌触りの良い製品仕上げた。抄速も従来の抄紙機の2~3倍。

企業情報

泉製紙株式会社


〒799-0101
愛媛県四国中央市川之江町1523(地図
TEL 0896-58-2427 FAX 0896-58-6589
http://izumi.kami.ne.jp

設 立
昭和21年1月(創業)
資本金
4,500万円
代表者
代表取締役社長 宇高昭造
従業員数
81名
事業内容
再生紙のトイレットペーパーの生産、
再生紙のペーパータオルの生産、関連
商品の外注生産
売上高
非公開
関連企業
愛媛パルプ協同組合、スバル(株)、
アイネット(株)
ホームページへ
トップページへ戻る