トップページ > 株式会社工房織座

株式会社工房織座のメイン画像

株式会社工房織座のタイトル

旧式織機が現役の再稼働の写真

着尺一列機(きじゃくいちれつばた)

旧式織機が現役の再稼働

工房織座代表武田氏は、昭和初期に稼動していた旧式の着尺一列機を復元改良し、現役で織物を織っている。最も古い織機は「豊田式織機」で、現役稼動しているのは非常に稀。その織物は、高速機では表現できない独創的な風合いがある。

世界でも希少性の高い不思議な紋様の写真

たてよこよろけもじり織り

世界でも希少性の高い不思議な紋様

波状に形成させた織機内の特殊筬(おさ)を上下に動かすことにより生じる「よろけ」。たて糸とよこ糸の両方をよろけさせた織物は工房織座オリジナルだ。布に凸凹感あるように見える立体的なデザインの不思議な文様が浮き出る。

感性とアイデアのオリジナルブランドの写真

ブランド「ITO」

感性とアイデアのオリジナルブランド

バンダナとしても使える「チョコット・ミニ(クロスマフラー)」や、2010年グッドデザイン賞、アジアデザイン賞を受賞したオリジナルブランド「ITO(イト)」シリーズなど、各界からの話題を集めている。

企業情報

株式会社工房織座


〒794-0117
愛媛県今治市玉川町鬼原甲55(地図
TEL 0898-55-2564 FAX 0898-55-2584
http://oriza.jp

設 立
平成22年10月
資本金
300万円
代表者
代表取締役 武田正利
従業員数
10名
事業内容
コットンマフラー、リネンマフラー、
ウールショール、コットンキャップなど
企画・製造・販売
売上高
非公開

LOOK!

なるほど納得!

(株)ビジネスアシスト四国 代表取締役

植松 守さん

推薦人からのコメント

「たてよこよろけもじり織り」は、社長の武田さんが昭和初期の織機を改良し、筬(おさ)まで開発して生まれたもの。誰にも真似できない本当にスゴイ技術です。そして、織りにここまで高付加価値をつけたセンスある企業姿勢。一枚のショールを求めて、四国の山奥に人が集まるという現象は、新しい地域活性化の理想的スタイルです。

植松 守さんの写真

ホームページへ
トップページへ戻る