トップページ > 株式会社長曽鉄工所

株式会社長曽鉄工所のタイトル

内径加工の写真

高度な技術による
複雑で繊細な
加工が最も得意

内径加工

直径の小さな加工は削り屑が詰まりやすくて、加工がしにくく効率も悪いとあって、苦手とする同業他社も多い。しかし、長曽鉄工所は精密な内径加工を最も得意とし、他では真似のできない高品質の製品を作ることが可能。

切削加工の写真

材質を選ばず
特質を活かして
自在に削り出す

切削加工

鉄、銅、真鍮、アルミニウム、ステンレスなど加工できる材質は多岐にわたる。それぞれの材質の特性を活かし、他社では対応不可能といわれるような、複雑で高精度な加工を短納期で仕上げられるのが長曽鉄工所の特徴。

組付加工の写真

クリアランス精度
5ミクロンを可能
にする熟練の技能

組付加工

油圧機器の精密部品が主力商品のため、製品にはシビアな精度が求められる。最も高度な精密部品は、求められる公差が±1ミクロン以内のものもあるが、熟練の技能と徹底した品質管理システムにより実現。

同時加工技術の写真

製品の歪みを防止
1回の工程で
内外を同時に加工

同時加工技術

一度の工程で内径と外径を同時に加工できる自動NC複合旋盤を導入。複雑な内径・外径のすべてを1回の切削過程で加工することにより、製品の歪みを防止して、精度が高い製品を効率的に生産することを可能にしている。

治具の写真

すべて社内で製作
コストを抑えて
短納期を実現する

治具

治具を自社内で製作することができるため、コストの削減と納期の短縮が可能となる。社内で最も使い勝手が良く、顧客からの多種多様なオーダーに対応できるよう、独自のノウハウで治具やバイトを製作している。

検査の写真

一つの不良品も
出さないため
全品検査も頻繁に

検査

既存の検査機だけでなく、徹底した精度チェックを効率良く行うために、技術者が考案したオリジナルの検査機を各工程で使用している。品質を保つために、抜き取り検査だけでなく、全数検査も頻繁に行っている。

企業情報

株式会社長曽鉄工所


〒793-0046
愛媛県西条市港1-11(地図
TEL 0897-58-2227 FAX 0897-56-7177
http://www.choso-ir.com

設 立
昭和48年10月
資本金
3,000万円
代表者
代表取締役 加藤弘之
従業員数
108名
事業内容
油圧機器の精密部品や
産業機械部品の製造
売上高
14億円(平成28年10月期)
クリックすると新しいウィンドウで開きます。 ホームページへ問い合わせ・見積もり
トップページへ戻る