トップページ > 大和染工株式会社

大和染工株式会社のタイトル

PSA(酸素発生機)の写真

身近な天然物質・
オゾンを利用した
世界初のECO漂白

PSA(酸素発生機)

天然の物質オゾンは酸化漂白力が強く、自己分解が速いという特性を持つ。これを利用し大和染工は空気中の窒素を除去、酸素濃度90%にした後、プラズマ放電により、オゾンを生成。世界初の「オゾン漂白」を開発した。

オゾン発生機の写真

空気中の酸素から
人工的にオゾンを
生成

オゾン発生機

オゾン漂白は生成したオゾンを低温で繊維と反応させ、薬品使用料を低減した精練漂白を行う。これまでの工程は多くの化学薬品を使い、高温水で40~60分の時間をかけるエコロジーとはいえないものであった。

エジェクター(オゾン微細気泡化装置)の写真

必要なのは生成時
の電気と分解時の
熱エネルギーのみ

エジェクター(オゾン微細気泡化装置)

オゾン漂白は薬品使用料が少ない省エネルギー型のECO精練漂白。例えば糸1㎏でCO2を約400g削減したことになる。同技術は2008年、財団法人日本環境協会が運営管理するエコマークの基準認定を受けた。

綿繊維由来バイオエタノール生産装置の写真

日本環境設計(株)
が運営する繊維リ
サイクル事業に協力

綿繊維由来バイオエタノール生産装置

同社構内では日本環境設計(株)(東京千代田区)が、タオル生産工場で排出される繊維くずをバイオエタノールにリサイクル。これを同社のボイラー燃料として使用し、地産地消のエネルギー循環を実現している。
(写真:日本環境設計(株)提供)

企業情報

大和染工株式会社


〒794-0813
愛媛県今治市衣干町4-2-25(地図
TEL 0898-22-6180 FAX 0898-22-2243
http://www.daiwasenko.jp

設 立
昭和31年1月
資本金
1,900万円
代表者
代表取締役社長 青野茂則
従業員数
80名
事業内容
糸・生地の染色整理及び輸入品販売
事業所
今治市内に第二工場、第三工場
売上高
15億5,000万円(平成28年9月期)
関連企業
中国・南通大和漂染有限公司

LOOK!

なるほど納得!

(財)今治地域地場産業振興センター 事務局次長

田中久志さん

推薦人からのコメント

世界各地で地球温暖化の問題が深刻化するなかで、大和染工が中心となり今治の染色工場3社が産学協同で開発した「オゾン漂白」は、従来の漂白法と違って過酸化水素やカセイソーダなどの化学薬品を使用しない。常温で加工できるので重油を使う必要がなく、温暖化抑制につながます。また、古いタオルなどからバイオ燃料を作る試験稼動が始まるなど、積極的に環境問題に取り組んでいます。

田中久志さんの写真

クリックすると新しいウィンドウで開きます。 ホームページへ
トップページへ戻る