トップページ > 八水蒲鉾株式会社

八水蒲鉾株式会社のタイトル

フリーズ・ドライ フィッシュボールの写真

湯戻りの悪さを
克服することで
食感を再現

フリーズ・ドライ フィッシュボール

練り製品の風味と食感を再現できるFD商品の開発に8カ月を要する。一番の難問は、いかに製造すれば湯の中に入れたとき、軟らかくなるかということ。この問題を解決し、これまでの市場になかった新しい商品が完成した。

フリーズ・ドライ ちくわスライスの写真

2分ほどの短時間
で練り製品の食感
を再現する

フリーズ・ドライ ちくわスライス

フリーズ・ドライした商品は90度の湯温で軟らかくなり、練り製品が持つ本来の食感を再現することができる。時間も約2分と短時間で戻り、既存のエアー・ドライ乾燥の食感とはまったく違った商品になっている。

フリーズ・ドライ かに蒲鉾スライスの写真

多様化する
市場のニーズに
応えられる商品に

フリーズ・ドライ かに蒲鉾スライス

カップ麺業界も年々多様化が進み、近年は本物の商品に近い高級志向に。フリーズ・ドライした練り製品は、そんな市場のニーズに十分に応えることができる商品に仕上がっている。

工場内の写真

新鮮で品質の高い
練り製品を作る
最新設備を導入

工場内

八幡浜の名物「じゃこ天」ほか、さまざまな練り製品の製造を行う。“新鮮な食材”“最新の設備の中でなお残る職人の技”“徹底した品質管理”、この3つの基本要素を大切にしながら、さらなる技術の向上を目指す。

企業情報

八水蒲鉾株式会社


〒796-0201
愛媛県八幡浜市保内町川之石1-242-4(地図
TEL 0894-36-3500 FAX 0894-36-3155
http://hassui.jp

設 立
昭和32年9月
資本金
3,069万円
代表者
代表取締役社長 富久保仁志
従業員数
140名
事業内容
魚肉練り製品製造業
事業所
大分営業所
売上高
18億円(平成24年9月期)

LOOK!

なるほど納得!

(財)えひめ産業振興財団 愛媛県技術開発 プロジェクト・プロデューサー 愛媛大学 社会連携推進機構 客員教授

田中宏佳さん

推薦人からのコメント

従来のフリーズドライ(FD)製法で魚肉練り製品をフリーズドライした場合、90度の湯を入れ、短時間で柔らかくするのは無理といわれていました。今回、産・官・学の連携により試行錯誤を重ねた末に、湯戻りの良い商品の開発に成功。この新製品は魚肉練り製品特有の風味を残しながら、70度の湯で3分以内に湯戻りします。

田中宏佳さんの写真

クリックすると新しいウィンドウで開きます。 ホームページへ問い合わせ・見積もり
トップページへ戻る