トップページ > 株式会社フラスコ

株式会社フラスコのタイトル

アリ溝加工の写真

特殊規格の高度な
ねじ切アリ溝の
加工が可能

アリ溝加工

半導体製造関係の真空部品に使われる特殊規格のねじ切りや、真空関連のパッキンに使用される、ゴムが抜け落ちないように入口が狭くて奥が広いアリ溝加工に対応。中心径4mmの超小径加工ができる。

難削材の試削加工の写真

高精度な設備と
高い技術で
顧客の要求に対応

難削材の試削加工

右からジルコニウム、タンタル、純タングステン、銅タングステン。要求精度±10マイクロ単位の高度な加工を得意とする。大手半導体メーカーの品質に対する厳しい要求に応えられる高性能設備と技術を保有する。

新規FA用器機の写真

部品製造の
ノウハウを活かした
新規FA器機の製造

新規FA用器機

打合せから始まってメンテナンスまで、医療器機を中心に、新規FA用器機の設計・製造・組立・調整を一貫受注でき、単品での対応も可能。部品製造のノウハウを活かし、効率的な設計・組立ができる。

多種多様な素材を切削の写真

200種を超える
様々な材質を
削る技術を蓄積

多種多様な素材を切削

ステンレスだけでも20種類以上、その他にも貴金属、レアメタル、樹脂など、JIS規格にも載ってないものを含め約200種類の材質を削ることができる。独自の調達ルートを持ち、ほとんどの素材を入手可能。

難削材の加工技術の写真

特殊な刃を内作し
経験で加工する
難削材の切削

難削材の加工技術

タングステンやモリブデンなど、耐熱温度の高い金属を切削するために独自の刃(工具)を内作、素材と刃(切削工具)の組合せは経験により体得し、図面と材質を理解して加工、検査まで一人で行える高いスキルを全員が持つ。

太陽電池用のFA機器の写真

壊れやすい
太陽電池セルの
格納を自動化

太陽電池用のFA機器

厚さ0.16〜0.2mmの薄い太陽電池セルをカセットに入れるFA機器を独自開発。従来品に比べ作業スピードが早く、生産量に合わせての調整も可能。極薄物を扱う技術を応用し、新しい分野のFA器機開発も視野に入れる。

企業情報

株式会社フラスコ


〒793-0010
愛媛県西条市飯岡3743-2(地図
TEL 0897-56-7482 FAX 0897-56-6534
http://s-frasco.com

設 立
昭和48年1月(創業)
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 藤原弘一
従業員数
20名
事業内容
半導体製造装置部品、真空関連部品、自動機
設計・製造・組立
売上高
4億2,000万円(平成28年9月期)

LOOK!

なるほど納得!

(株)西条産業情報支援センター 産業技術支援室 アドバイザー

永田 浩さん

推薦人からのコメント

難削材、高硬度切削材と呼ばれる、同業他社では加工の難しい素材の試作品を短納期で加工することに特化した戦略を取っています。高い加工技術と対応力の評判を聞きつけた顧客が、思わぬところから相談を持ちかけてくることも多いです。社員教育にも力を入れており、長年働き続ける従業員に蓄積された技術が同社を支えています。

永田 浩さんの写真

クリックすると新しいウィンドウで開きます。 ホームページへ問い合わせ・見積もり
トップページへ戻る