トップページ > ダイオーエンジニアリング株式会社

ダイオーエンジニアリング株式会社のタイトル

プラスチック材質選別機エアロソータの写真

99%以上の精度
プラスチックの
選別が可能

プラスチック材質選別機エアロソータ

今まで有効利用されていなかった混合プラスチックを高い精度で選別することにより再利用を促進できる。近赤外線を利用した特殊センサーによる選別効率は99%以上で、設定により多種類の材料を選別可能。

使用済み紙おむつ処理装置の写真

火を使わずに
紙おむつを処理
処理後は1/3量に

使用済み紙おむつ処理装置

使用済み紙おむつを高温殺菌・乾燥させることで、一般廃棄物として処理できるほか、燃料として活用することも可能。脱臭には触媒酸化方式を採用し、一つの処理槽内で一括して破砕・乾燥・滅菌処理ができる。

加圧浮上分離装置の写真

原水から
高濃度スカムを
高効率で分離

加圧浮上分離装置

活性汚泥などの生物処理において効率を低下させる油脂分、SS分を加圧水によって上部に濃縮させ、別途脱水処理を容易にする。上部密閉型構造で浮上スカムの泡の飛散がなく、臭気への対策が容易。

廃棄物固化燃料装置の写真

産業廃棄物を
高熱量低価格の
燃料に再加工

廃棄物固化燃料装置

廃プラ、紙、木屑などを燃料に再利用し、産業廃棄物のサーマルリサイクルを推進する。強力な圧縮作用と摩擦により表面を溶融させ、円筒状の固形化燃料に成形。品質の安定した高カロリーで経済的な燃料を得られる。

VOC蓄熱装置の写真

発生する熱を
高効率で回収し
自己燃焼させる

VOC蓄熱装置

塗料、接着剤、インキなどに溶剤として含まれる揮発性有機化合物を、800度以上の高温で酸化分解させる。セラミック蓄熱材の高い熱回収率(95%以上)により自己燃焼させ、燃料費を大幅に削減することができる。

バイオガス処理装置の写真

2重円構造で
保温効果が高く
省スペース化

バイオガス処理装置

畜産糞尿、生ゴミなどを嫌気性発酵させてメタンガスを抽出し、土壌に還元しやすい肥料として再資源化するシステム。発生したバイオガスはプロセス内熱源に利用、余った電気・蒸気は外部でも利用できる。

企業情報

ダイオーエンジニアリング株式会社


〒799-0401
愛媛県四国中央市村松町930-2(地図
TEL 0896-23-9129 FAX 0896-23-9238
http://daio-eng.co.jp

設 立
昭和47年7月
資本金
6,000万円
代表者
代表取締役社長 福島 慎一
従業員数
500名
事業内容
環境関連設備のエンジニアリング事業、
電子機器の製造・販売
事業所
本社工場、東京、小田原、大阪、岐阜
売上高
非公開
関連企業
大王製紙グループ

LOOK!

なるほど納得!

愛媛大学 社会連携推進機構 准教授 博士(農学)

入野和朗さん

推薦人からのコメント

共同研究を行う際の目的をはっきりさせ、互いの守備範囲を明確にして進めているため、開発の効率が非常に高い。開発の基本姿勢がしっかりしており、今後の環境製品マーケットの動向を綿密にリサーチしてから、売り先のニーズに合わせた製品の研究開発を次々と行っている、元気とやる気のある企業です。

入野和朗さんの写真

クリックすると新しいウィンドウで開きます。 ホームページへ
トップページへ戻る