トップページ > 株式会社ミヤタニ

株式会社ミヤタニのタイトル

ケイエム採骨器の写真

骨移植術における
医師の労力軽減と
術時間短縮を実現

ケイエム採骨器

整形外科手術の骨移植に用いる手動式機器「ケイエム採骨器」は、手動回転切削方式を用いる既存品に対し打ち込み方式を採用。腸骨部を小さく切開し、採骨器を打ち込むだけできれいな形の骨柱が採取可能。(所要時間は数分程度)

エムケー開創器の写真

精密機械加工の
技術を生かした
反射を防ぐ加工

エムケー開創器

整形外科手術時に皮膚の表層の軟部組織を広げておくための手動式機器。「爪部が鏡面仕上げになっているため光が反射して術に支障をきたす」という医師の声から開発。爪部に特殊な表面加工を施すことで光の反射を防いでいる。

エムジーソーブレードの写真

コスト高の問題を
一貫生産により
解決したノコギリ

エムジーソーブレード

人工関節置換術もしくは人工骨頭挿入術などの整形外科手術の際に、骨の切削・切除を行うためのノコギリ。刃物形状の刃先角度と逃げ角度の試作を繰り返し、硬い骨・軟らかい骨のどちらにも対応可能なノコ刃に仕上げている。

独自の精密部品製造技術の写真

現場のニーズに
的確に答える
医工共同開発

独自の精密部品製造技術

長年の精密機械部品加工の技術と独自の発想を生かし、医療現場で働く医師との共同開発で、従来品の抱える問題や課題を解決する医療機器を製作。町工場だからこその小回りを生かし、新しい課題に次々と取り組んでいる。

企業情報

株式会社ミヤタニ


〒799-2656
愛媛県松山市和気町1-446-6(地図
TEL 089-979-3794 FAX 089-979-3798
http://miyatani-medical.jp

設 立
平成5年4月
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役 宮谷 尚文
従業員数
3名
事業内容
医工連携により開発した医療機器の製造販売、
精密部品の製造
売上高
非公開
クリックすると新しいウィンドウで開きます。 ホームページへ
トップページへ戻る