トップページ > 東洋殖産株式会社

東洋殖産株式会社のタイトル

プリプレグの写真

用途に応じた
中間素材の供給や
CFRP部材の提案

プリプレグ

CFRPは航空機にも用いられるハイテク素材。興味を持つ企業も多く、炭素繊維プリプレグのほか、炭素繊維織物、炭素繊維短カット品など、中間素材からの供給も含めたCFRP部材の提案も行っている。

シートワインディング成形の写真

独自の技術で
CFRPパイプ材を
成形する

シートワインディング成形

シート状のプリプレグを、円形状の金型(マンドレル)に所定の角度で所定の厚みまで巻きつける。硬化炉で硬化を行い、その後金型を抜き取るとパイプ状に成形されたCFRPのパイプ材が完成する。

CFRPパイプの写真

耐食性が必要な
構造体向けの
製品なども提案

CFRPパイプ

メンテナンスフリーを目的に、耐食性の要求される構造体向け部材として適用可能なCFRP(炭素繊維複合材料)。パイプを製作できる設備を活用すれば、高速回転に対応するローラーなど多種用途のパイプ材が製造可能。

CFRP製バレーボール支柱の写真

ハイテク素材から
生まれた最軽量の
バレーボール支柱

CFRP製バレーボール支柱

従来のバレーボール支柱は、重くて扱いにくいという問題点があった。東レの炭素繊維を素材に使用し開発した支柱は、従来のスチール製の3分の1の重さで取り扱いもラクに行える。

企業情報

東洋殖産株式会社


〒791-3191
愛媛県伊予郡松前町筒井1515東レ愛媛工場内(地図
TEL 089-984-0079 FAX 089-984-5863
http://www.toyoshokusan.co.jp

設 立
昭和50年6月
資本金
1,000万円
代表者
代表取締役社長 柏木 保寛
従業員数
260名
事業内容
CFRP製バレーボール支柱の製造・販売、
農業資材果実袋「サンテ」の製造・販売、
へちま化粧水「ナチュラルデュー」の
製造・販売、
農業用果樹保温材「サニーセブン」、
保温性肌着「テクノサポート」などの
オリジナル商品の販売、
東レ商品の販売
売上高
20億円

LOOK!

なるほど納得!

愛媛大学社会連携推進機構
相談役・客員教授

樋口富壯さん

推薦人からのコメント

東洋殖産(株)は、炭素繊維の世界トップメーカーである東レ(株)の関係会社として、東レ(株)で培った技術を全面的に活用して炭素繊維複合材料製パイプ等の製品を製造し、販売しています。その代表がバレーボール支柱です。炭素繊維複合材料は、高強度で軽量な最先端構造材料として航空・宇宙分野だけでなく、幅広い産業用途等で大きな伸びが見込まれています。それらのニーズに応えるパイプ部材の提供や関連技術を支援する地元企業として、今後への期待は大きいでしょう。

樋口富壯さんの写真

クリックすると新しいウィンドウで開きます。 ホームページへ
トップページへ戻る